【百科事典】 二重まぶた

二重まぶた とは
『』より : まぶた(瞼、目蓋)とは、脊椎動物の魚類を除く多くの種にある、顔の皮膚から連続して眼球(目玉)を上下から覆い保持する不透明で開閉式の器官。 まぶたの「ま」は目の昔の呼び方であり、文字通り目の蓋である。眼瞼(がんけん)ともいう。 上側を上瞼(うわまぶた)、下側を下瞼(したまぶた)という。 組織 筋肉、脂肪等の組織により構成される。外側(表面)は皮膚であり、その動物の顔の他の部分と同様に体毛が生えていたりする。 まぶたの開閉 筋肉によって伸縮して、開閉したり開いている幅を調節したりする。上下のまぶたのうち、主に動くのは片方であり、哺乳類では上まぶたが開閉する。 目を開けるといえば上下のまぶたを離して開ける事であり、目を瞑る(つぶる、つむる)といえば上下のまぶたを着けて閉じる事である。 上下のまぶたの間を少しだけ離して開ける事を「目を細める」等という。 目を開けていて、まぶたを閉じて直ぐ再度開く事を、瞬き(まばたき)という。 随意に開閉したり、無意識に閉じられたり瞬きしたりする。 機能、役割 通常は、目を開けているときも上下のまぶたの間隔は眼球の径より狭く、向きが動く眼球も頭に位置を保持している。